• 2019年
  • トピックス

【ご来場の皆さまへ】観戦マナーと撮影について

2019/08/13

【観客の撮影関して】

 近年、撮影機器の発達により簡単に高画質な長時間の映像を撮影することが可能となり、競技の映像がインターネット上に公開されることが多くなりました。テレビ中継されている試合が一般の観戦者による撮影で公開されるケースも見受けられるために、昨年度は動画の撮影を全面的に禁止する大会を設けてまいりました。
しかしながら、参加者・ご家族・観戦者の皆様を通したバドミントン競技発展の気運醸成のため、アリーナ内で体感された事を多くの方と共有していただくためにも、静止画・動画撮影のルールを一部見直し、今大会に関しては以下の様に実施していきたいと思います。

 

【観客・観客席の撮影方法】

選手・大会の肖像、権利保護のため、撮影に関しては撮影者個人でご利用の場合にのみ可能となっております。
◆個人利用以外の、商用目的や二次利用を目的と判断される撮影はご遠慮ください。
⇒メディア掲載や商用利用を目的とした写真撮影・動画撮影を行う際には、主催者の許可が必要となります。
◆撮影に関しては、お客様が観戦されているご自身の観客席から行うことが出来ます。
(申請書への記入は原則必要ございませんが、記入をお願いする場合もございます)
◆動画・静止画どちらも、三脚・一脚の使用、フラッシュ・補助ライトなどは使用できません。
◆他のお客様のご迷惑となるような、機材での撮影・場所取りを行っている場合には、撮影をご遠慮いただく場合もございます。
◆館内の電源は利用できません。

*動画撮影…試合中15秒以内の個人利用を目的とした撮影に限り可能。

 

以上、ご理解とご協力の程、何卒よろしくお願い申し上げます。